去る5月18日(土)、川越水上公園にて、5月例会メイン事業を青少年開発委員会・社会開発委員会担当のもと川越市と共催で開催いたしました。

本事業では、仁平理事長の掲げる「粋に輝く川越」の創造へ向け、事業タイトルを「川越ドリームフェスタ2019」と題して、目的を「ひととまち繋げ、まちの魅力に気づき伝えることで関心高める」といたしました。当日は3つの事業室がそれぞれの担いを持ち、LOM一丸となって事業を執り行いました。

青少年開発委員会と社会開発委員会からなるエクスベルト高橋の活く活く推進室では、「高める」をキーワードにまちの魅力に気づき、夢を描き、関心を高める企画を行いました。

総務委員会と会員開発委員会からなるI ♡ 悠和室では、「繋げる」をキーワードに各室を繋げ、まちに関わる意識を高める企画を行いました。

広報委員会と経営資質向上委員会からなる融100%室では、「伝える」をキーワードに、まちに関わる人びとと連携し、まちの魅力を発信する企画を行いました。

当日は晴天で、多くの皆様にご来場いただき、多くの笑顔を見ることができました。この事業を通じて、ひととまちを繋げ、まちの魅力に気づき伝え、関心が高まることで、粋に輝く川越の創造に繋がっていくものと確信いたしました。

何卒、私たち(公社)川越青年会議所の事業主旨をご理解いただき、今後も引続きご協力を賜りますようお願い申し上げます。