拡大特別委員会 委員長 小野 晋一郎

事業方針

 近年私たちが暮らし働く川越市において、次世代を担う私たちの世代は減少傾向にあります。58年の長きにわたり、まちを牽引してきた(公社)川越青年会議所のまちづくり運動の灯火を引継ぎ、その輝きをさらに増すためには、時代の流れに光明を見出し、力強い拡大運動を展開することで、正会員を増やし続ける必要があります。
 今年度拡大特別委員会では、メンバー一人ひとりに拡大活動に対する当事者意識を持ってもらうことで、LOM全体に拡大の風土を作ることを目的とします。そこで拡大活動を強くわかりやすく発信するため、三つの活動を主軸とした「三活」をテーマに掲げます。第一は、入会を決めるのは候補者であると考え、職業や役職や性格にフィルターをかけない情報収集活動を行い、リストを作成します。第二は、情熱を伝えるために、直接向き合うことに重きを置く対面訪問活動を行います。第三は、信頼関係を構築するために、想いを引き上げるフォローアップ活動を行います。三つの活動に取り組むことで入会を促進する効果を生み出します。一つひとつの活動には誰でも参加することができ、活動を続けることでLOM全体に拡大の風土を育みます。
 まず「拡大ツール」として、拡大活動の進捗を共有するシートを作成します。拡大ツールを活用することで、拡大活動を意識することに繋がり、メンバーが主体的に拡大活動に取り組めるように促します。そして2月例会ではメンバーに拡大活動に対する当事者意識をもつことの重要性を学んでもらうと共に、拡大活動に対する意識を行動に移してもらいます。また候補者には青年会議所活動の魅力を伝え、入会を決意してもらうための例会を開催します。さらに拡大交流会では、市内で活躍する社会人という共通点で交流の機会を作り、併せて私たちの活動を魅力的に伝えることで、候補者の入会に繋げてまいります。
 最後に、拡大特別委員会のメンバー一人ひとりが、LOMメンバーの見本となるように率先垂範して行動し、信頼関係を築くことで、粋に輝く拡大活動となりメンバーに対する当事者意識を伝播してまいります。青年会議所はまちづくりの先頭に立ってリーダーシップを発揮していく団体です。その中で当委員会は年間を通して、まちの若者にまちづくりの重要性や想いをしっかりと伝えてまいります。この機会に感謝し、委員会メンバー一同、全力で職務を全ういたします。

事業計画

① 2月例会
②  拡大交流会
③  拡大ツール作成
④  会員拡大の実践及び仮入会者・新入会員のフォロー