5月例会メイン事業

去る5月19日(土)、川越運動公園にて、5月例会メイン事業を広報委員会・社会開発委員会担当のもと川越市と共催で開催いたしました。

本事業では、三澤理事長の掲げる「憧れ抱く川越」の創造へ向け、事業タイトルを「トキメキ川越未来博2018」と題して、目的を「ひととまちに関わる意識を高め未来へ向けてまちへの愛着を育む」といたしました。当日は3つの事業室がそれぞれの担いを持ち、LOM一丸となって事業を執り行いました。

広報委員会と社会開発委員会からなるヴォンヴォヤージュKHK推進室では、「未来へ繫ぐ」という担いを達成するため、事前から多くのひとまちに関わり、われわれの本事業の活動を未来へ向けて残していくといった企画を行いました。

総務委員会と経営資質向上委員会からなるドンボイジャー室では、「未来に挑む」という担いを達成するために参加者同士が協力しあい一つの目標に挑むといった企画を行いました。

青少年開発委員会と会員開発委員会からなる高橋名人のビBiT18連射室では、「未来を描く」という担いを達成するために、来場者がまちの未来を考え、まちの未来を描いていくきっかけ作りになるような企画を行いました。

当日は晴天の中、非常に多くの皆様にご来場いただき、多くの笑顔を見ることができ、この事業を通じて、人びとが互いに惹きつける心を持ちまちを愛する想いが伝播することで、憧れ抱く川越の創造に繋がっていくものと確信いたしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


何卒、私たち(公社)川越青年会議所の事業主旨をご理解いただき、今後も引続きご協力を賜りますようお願い申し上げます。